医療、福祉の仕事はやりがいと安定

            

私は理学療法士として、整形外科クリニックや介護施設で働いております。

管理職として、他の職種の方の指導なども携わるので全般的な視点での意見を書かせていただきます。医療、福祉の現場は、何と言っても、「やりがい」と「安定」のある仕事ではないかと思います。

1つ目の「やりがい」については、他人から直接的に感謝されることが多いためです。クライアントは、病気であったり、介護が必要だったりと、何かしら助けを必要としている方ですので専門的な対応がきちんとできれば非常に感謝されます。つまり自分の行った行為に対してすぐにプラスのフィードバックが得られるため、やりがいを感じやすいと思います。

どんな人でも「ありがとう」と言われて嫌な思いはしないのではないでしょうか。もう1つは「安定」です。専門性が比較的高く、クライアントのニーズがはっきりしています。

そのため、基本的な知識や技術があり、対応していけば、確実に報酬が得られる仕事だと思います。他職種に比べリストラなどのリスクは低く、資格を持っていれば基本給に加え、資格手当などで最低限の賃金も保証されています。

また、就職難という言葉も、現状は無縁な状態だと思います。求人案内には多数の案内があり、看護師や介護士不足は社会問題にもなっている通り、どこも人材難な様子です。そのため転職や復職も非常にしやすいです。実際、私の会社でもほとんどが2箇所以上の病院や施設を経験している人です。

介護士の低賃金や重労働がよく言われておりますが、働く場所と他職種同様の自己研鑽を怠らなければしっかり収入が得られるとおもいます。

特に働く場所によっては過酷な労働条件で重労働を強いられるところがあるので直ちに辞めるべきだと思います。色々書きましたが、医療、福祉の仕事は人のお世話をして感謝されることが好きな人、一人一人の方と向き合い考えるのが好きな人には本当にやりがいを感じられる良い仕事だと思います。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です